粕本集呆の「競馬の花道」

カスPこと粕本集呆と逆神の権兵衛による、日本で唯一、当たらないことを"売り"にしている競馬予想ブログ。

粕本集呆の「競馬の花道」トップページ2024

このページは常に先頭に位置しています。

 

馬券舞台の花道は 

縦目もあれば ガミもある

ハナで届かぬ馬あれば 

買わぬ馬来て愚痴ひとつ

何故に勝てない ここ一番

嗚呼……沈むねぇ……

 

競馬予想はすべり芸
逆神トリオの横すべり

金は全然降ってこないが

金たらいなら落ちてくる

 

このブログはカスPこと粕本集呆の競馬ブログになります。

競馬以外のコンテンツについては以下のブログにて、こちらも不定期更新致しております。アダルトカテゴリに登録していますので、閲覧にはご注意ください(特にスマートフォン)。

真夜中のカスP (blog.jp)

ちなみにカスPはツイッターフェイスブック等のSNSは一切登録、利用しておりません。ご連絡等ありましたら、お手数ですが「kas_pアットマークkib.biglobe.ne.jp」までメールをお願いします。

また当分コメントについては承認制とさせて頂きます。従ってコメント投降後すぐにはブログには反映されませんのでどうかご了承ください。

 

全然治らんぞ。

7月、8月は更新をお休みします。

6月23日の競馬の結果

中央京都「宝塚記念」…カスP  ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ/モリアテ教授 ハズレ

1着 12番ブローザホーン(3番人気)カス▲

2着 9番ソールオリエンス(7番人気)

3着 3番ベラジオオペラ(5番人気)カス◎ 権〇 モリ◎

 

6月26日の競馬の結果

大井競馬「帝王賞」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

1着 12番キングズソード(3番人気)

2着 8番ウィルソンテソーロ(1番人気)カス◎ 権〇

3着 3番ディクティオン(9番人気)

 

更新まで随分と時間がかかったのは、

あまりのひどさに、孫呉の論客たちをまとめて喝破し、王朗を言葉で殺した諸葛孔明をもってしても、言葉が出てこなかったからです(本当に)。

孔明:………。

 

やよいさん:孔明せんせー、

いかがでしょーかぁ?

孔明:かつて高祖劉邦

項羽に敗れ続けたが、

それでも最後の最後には勝利を収め、

漢帝国を築いた。

しかるにお前たちは、負け続けた挙句、

最後の最後も無様に負け―

やよいさん:あんまり時間が経ったから

皆さん熟してしまいましたぁ。

暑くなってきましたしねぇ。

 

カスP権兵衛春のGⅠ予想対決・結果(地方競馬含む)

フェブラリーS」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

高松宮記念」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ワイド760円&1900円的中(6点)

大阪杯」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛ハズレ

川崎記念」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛ハズレ

桜花賞」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

「中山GJ」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

皐月賞」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

羽田盃」…カスP馬連830円的中(3点)/逆神の権兵衛 ハズレ

天皇賞春」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

かしわ記念」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

NHKマイルカップ」…カスP ハズレ

           逆神の源兵衛 ワイド200円的中(10点・トリガミ)

ヴィクトリアマイル」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

優駿牝馬(オークス)」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 三連複1,690円的中(10点)

東京優駿(日本ダービー)」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

安田記念」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

東京ダービー」…カスP 三連複270円&馬単320円的中(12点・トリガミ)

         逆神の権兵衛 三連複270円的中(10点・トリガミ)

さきたま杯」…カスP ハズレ/逆神の源兵衛 ワイド170円的中(1点)

宝塚記念」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

帝王賞」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

(モリアテ教授—中央GⅠのみ―の結果は省略。まぁ大体2人と似たようなもの)

 


www.youtube.com

 

7月から8月いっぱいカスPは「休養」となります。競馬をはじめて20年経ちますが、さすがにここまでボロボロの前半戦は初めて。GⅠ以外は阪急杯と、読売マイラーズカップで安い配当を得たくらい。地方も惨憺たる有様で、一旦間を置かないと、このまま一年間お先真っ暗西武鉄道トンネル状態が続くような気がする。

というわけで2か月間は馬券を買わないので、競馬予想も一切ありません。たまに

パワハラバイオレンス池添

   VS

スマホクラッシャー富田

のような不祥事が起こると更新するかもしれませんが、基本7月、8月の2か月間ほとんど更新はしないとお考えください。

ブログというものはこまめに更新を続けると閲覧数が増え、更新が滞ると途端に過疎化してしまうのでちょっと迷ったのですが、夏にひとつ、競馬に関係あるようなないような書き仕事(?)があるので、そちらに力を注ぎたい次第。その間、しばらく更新が途絶えているもうひとつのブログをちょこちょこ更新していこうかなと思っています。

 

それでは、また9月にお会いしましょう。

大井競馬「帝王賞」(交流GⅠ)予想

日本ダービーで逆神の権兵衛を倒せ」の「逆神の権兵衛賞」並びに希望された方への参加賞はすべて送らせて頂きました。メール等での報告は省略させて頂いたのでどうかご了承ください。

既に「権兵衛サンタ」の賞品は幾つか確保しました。年末にはなかなか面白いモノを御披露目できると思っています。

今年前半期最後のGⅠ「帝王賞」の予想を。毎年恒例の画像を。


www.youtube.com

今年は更にひとひねり

…ところが、こんなどうでもいいコラに気力を使い果たした(しかも出来も中途半端。完成版は来年の帝王賞で)ので、私は印と買い目だけを。

<カスPの予想>

◎6枠8番 ウィルソンテソーロ(JRA・川田)

〇4枠5番 ノットゥルノ(JRA・武)

▲7枠11番 メイショウハリオ(JRA・浜中)

△1枠1番 グランブリッジ(JRA・坂井)

×2枠2番 ライトウォーリア(川崎・吉原)

以上5頭の三連複ボックスで10点。セラフィックコールは「ダイオライト記念」で圧勝でしたが、相手があまり強調できない。ライトウォーリアは昨年6着でしたが、結構見せ場あるレースで勝ち馬から1.2秒差とそれほど突き放されていない。鞍上が胡散臭いけれど、今の勢いなら。おそらくライトウォーリアより注目されるのは「勝島王冠」で同馬を降した大井のサヨノネイチャでしょうが、中央の強い相手とやり合っていないのが気になる。結果はどうあれ今回が糧になれば、秋には大きなところでスタンドを沸かせるかも。

買い目は1、2、5、8、11の三連複ボックスで10点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

火曜日時点で重馬場、明日にかけて雨の可能性は低く馬場は稍重で一番走り易くスピードが出やすいと見込まれる。スピード優位は明らかだが、前哨戦の一つ・川崎記念が大荒れで勝った馬、負けた馬のどちらも今回どう評価するかは難題。

 

GⅠの2走とそれ以外が全くの別馬のようだが、能力だけ言えば十分勝てる能力ある

◎5枠7番 セラフィックコール(JRA・レーン)

をダミアン・レーン頼みで一応本命。

以下昨年の東京大賞典2着など地力強化確か。マイルは短かった、とこのコースならの狙いで

○6枠8番 ウィルソンテソーロ

川崎記念勝ちの評価が難しいが、フロック視されて単騎先行なら再現可能と見て

▲2枠2番 ライトウォリアー

このところムラな傾向あるが、昨年の東京大賞典0.3秒差4着と一押し効けば、で

△4枠5番 ノットゥルノ

今回は休み明けだが、帝王賞2連覇と実力あり無下にはできない

×7枠11番 メイショウハリオ

を個別にピックアップし、馬券は

2、5、7、8、11

の3連複ボックスで参ります。さあ、明日はこの上半期最後のヤケ酒だ!(←ヲヰ)

 

孔明:その前にひとつ、GⅠがあったことを

よもや忘れたわけではあるまいな。

次回はGⅠ上半期の総括を。

日曜京都メイン「宝塚記念」(GⅠ)予想

—春の中央GⅠ・カスP権兵衛予想対決結果—

フェブラリーS」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

高松宮記念」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ワイド760円&1900円的中(6点)

大阪杯」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛ハズレ

桜花賞」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

「中山GJ」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

皐月賞」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

天皇賞春」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

NHKマイルカップ」…カスP ハズレ/逆神の源兵衛 ワイド200円的中(10点)

ヴィクトリアマイル」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

優駿牝馬(オークス)」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 三連複1,690円的中(10点)

東京優駿(日本ダービー)」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

安田記念」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

カスP、中央GⅠで

的中ひとつもなし!

(交流GⅠもプラス収支は羽田盃のみ)

孔明セ・リーグのどこかの弱小球団は

観客動員数だけはいいから、

2年連続最下位で

3年目の今年も最下位であるにもかかわらず

オーナーが監督を甘やかしているが

このブログの閲覧数はどうかな?

宝塚記念でハズれたら、

帝王賞」の後は秋のGⅠ再開まで

「休養」してもらおうか。

 

プロ野球の監督がシーズン途中で「休養」すると、二度と帰ってこないのですが、このブログではさすがにそうはいかないので、スプリンターズSまでということに。どうして解任や辞任ではなく「休養」かというと、二宮清純氏曰く、解任だと契約途中で経営母体が一方的に契約破棄するということで、シーズン残りの報酬も払わないといけない。「休養」だと表向き監督の都合なので、シーズン残りの報酬について話し合いの余地が出てくる―実際どうなるのかは知りませんが。あと、「解任」だと、される監督の立場がないので、名誉を慮って、実質上解任ですが「休養」と曖昧な表現にするそうです。何より成績の低迷の責任はすべて監督にあり、オーナーやフロントにはまったく罪がない…とはいえず、日本人らしく責任を明確にせずぼかす手法だと二宮氏は述べています。

プロ野球はそれでもいいのでしょうが、政治で責任の所在がぼかされると……今のように国民にツケが回ってくる。それでも千葉県の林某とか桜田某とかいう痔民党の政治屋は臆面もなくカネ集めパーティーをやったそうで、地元の千葉県民がこの二人を甘やかしているからナメた行動を平気でする。まァ、どこかの球団ファンも何だかんだ言いながらバンテリンドームにせっせと足を運んでいるのだから、甘やかしていると言えなくもない。結果がこのザマですが、下手に4位くらいで終わってしまうと、まさかの4年目続投もあるのでは……と本気で思えてしまう。東海地方のどこかの競馬場も、ファンが甘やかしてなまじ売り上げが良いから、弱っちいままなのでは…?

何年ぶりというか、以前買ったのは20年以上前じゃないかと思うプロ野球チップス。昔は40円とか50円だった気がするのですが、今は120円近くする。でもカードが2枚入っているんですな。

オリックスの頓宮と、ドベゴンズの涌井と同じくらい好投が報われない西武の今井。

 

<逆神の権兵衛の予想。単勝人気とオッズは前日のもの>

レース時点の馬場状態が、線状降水帯の警報が出てないので水が浮くほどにはならず、雨が続くのでそこそこ渋るだろう、と中途半端。馬場適正をどの程度加味するか、匙加減が難解。

2023年以降、稍重の昨年の天皇賞(春)など5回のGⅠ含む6戦全て掲示板に載る安定感で

◎2枠2番 ジャスティンパレス(ルメール/2番人気 4.2倍)

ルメール頼みで本命。

以下大阪杯含む近3走全て連対と実力付け、2戦1勝と重馬場は一応こなす、

○3枠3番 ベラジオオペラ(横山和/4番人気 12.4倍)

重馬場どうか?も前走大阪杯同タイム2着と能力はあり、稍重くらいなら、で

▲7枠10番 ローシャムパーク(戸崎/6番人気 13.9倍)

大阪杯でタイム差なしの3着、稍重の昨年エプソムカップ2着と能力と適正は問題なさそうな

△8枠13番 ルージュエヴァイユ(川田/10番人気 31.3倍)

京都2戦2勝、そのうち京都大賞典は重馬場と渋るほどチャンスありそうな

×5枠7番 プラダリア(池添/5番人気 13.0倍)

近2走GⅡを連勝しただけと実績見劣るが、ダミアン・レーン降臨が不気味な

×1枠1番 シュトルーヴェ(レーン/8番人気 19.8倍)

を相手に、馬券は

軸2

相手1、3、7、12、13

の3連複1頭軸流し計10点で参ります。仕組み上仕方がないですが、土日の天気が雨だと予想がツライデス…

 

<カスPの予想>

◎3枠3番 ベラジオオペラ

〇5枠7番 プラダリア

▲8枠12番 ブローザホーン(菅原明/3番人気 8.5倍)

△7枠10番 ローシャムパーク

×8枠13番 ルージュエヴァイユ

 

問題はやっぱり馬場。雨により重馬場予想で注目されているのはプラダリアですが、今回と同コースの京都記念では、大阪杯を勝ったプラダリアを降している。そのくせ肝心の大阪杯は6着。大舞台になると穴党を期待させるだけさせておいて…みたいなところもあり、宝塚記念と相性が良さそうに思える乗り役も含めてどこか罠っぽい。

というわけで本命はおそらく単騎逃げになるのでは?と思えるベラジオオペラ。重馬場は滅法得意……というわけでもないと思いますが、スプリングSを勝っているし、苦手でもない。阪神で開催されるこのレース、行った行ったのときもあれば、後ろからでワンツースリーのときもありますが、今年は京都であることを考えれば、前の方が有利に働きそう。

天皇賞春2着で、京都の同コースの条件戦、不良馬場で勝っているブローザホーンを単穴。2400メートルですが日経新春杯も勝っていて、京都との相性は悪くない。宝塚記念はやたら8枠が好成績を残すのですが、それは阪神の話。京都でどう出るかはわかりませんが、13頭と頭数はそれほど多くはないし、馬場が悪ければ外枠は却って好都合なのでは?前走はかなり後ろからでしたが、本来はもっと前に位置取れる馬。

残り2頭は大阪杯勝ち馬を本命にした以上、同レースでベラジオオペラと差のない2着、3着だったローシャムパークとルージュエヴァイユ。ルージュエヴァイユは陣営は渋った馬場を歓迎していますが、重馬場だった愛知杯は3番人気で12着。

買い目は1番人気、2番人気を切ったので、馬連ボックス3、7、10、12、13で逝きます。

 

<モリアテ教授の予想>

◎3枠3番 ベラジオオペラ
勝負馬券は【2・3・4・10・12】3連複BOX 3厚め。

笠松競馬「ぎふ清流カップ」予想

6月19日の競馬の結果

浦和競馬「さきたま杯」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ワイド170円的中(1点)

1着 7番レモンポップ(1番人気)カス◎ 権◎

2着 5番イグナイター(3番人気)カス▲ 権〇

3着 2番シャマル(2番人気)カス〇

三連複330円、

三連単900円のレースなんぞ、

ハズしても悔しくないわ!!!

(負け犬の遠吠え)

大富豪です。

すいません。

5-7のワイドが170円に

なってしまったのは、

私が1億円突っ込んだからです。

せめて7→5→2の3連単1点だけでも、リスクヘッジとして抑えておくべきでした。アランバローズが逆噴射覚悟で逃げに打って出る―そんでもって見事に逆噴射―のは想定外とはいえ、南関の交流重賞では、こういう馬は結構出てきたりする。シャマルがハナを取れなかったのは痛恨。それで後方からのイグナイターにあっさり抜かれず、最後まで競ったのは評価すべきでしょうが、やはりすんなりハナに立てないと一線級相手では厳しいということ。

 

話コロッと変わって「ミセス・グリーン・アップル」というバンドのMVの一件。昨今のポリコレ風潮に異を唱える私からしても、あのMVは問答無用にアウトです。私はウクライナ戦争で、中米南米が、欧米ほどこの戦争に積極的に関与したがらないのは、ロシアを厳しく糾弾しているのが「西欧」であり、あまり「西欧」の味方はしたくないという気持ちがあるからでは?と思うのです。だとしたら、その根源はコロンブスにあるでしょう。ウクライナ戦争は「西欧的価値観」と、それに対するアンチテーゼという一面もあります。憎らしいことにプーチンはそれをしっかり読んでいる。その一方で中米南米がイスラエルに対して、足並み揃えて欧米よりもはるかに厳しい態度を取るのは、イスラエルが「西欧」の一員と見做されているから。もしかしたらコロンブスユダヤ人説も関係しているかも?現代は、20世紀に絶対的なものと崇められていた「西欧的価値観」の是非を巡って世界が分断されているといってもいいでしょう。そんな中、「西欧的価値観」の象徴ともいえるコロンブスたちが、こともあろうに虐殺を繰り返したカリブ海を思わせるような島を舞台に、類人猿を調教しているようなシーンを演出していれば、「歴史」を知る者からすれば、自分で頭からガソリンかぶって……としか言いようがない。

とはいえ私個人は、あまりバンドは責められない。「歴史」に興味ある人間でなければ、クリストファー・コロンブスの暗黒面はあまり知らないと思います。塾講師だった時代も、アメリカ大陸を発見した”以降”のことは教えませんでした。「ミセス・グリーン・アップル」のメンバーがどちらかといえば「歴史」に疎いと思えるのは、MVの中でコロンブスの他に、ナポレオンとベートーベンが一緒にいることでもわかります。「英雄」という曲にまつわる有名なエピソードを知っていれば、この同時代人を仲良く一緒にさせることはおかしいと思うはず。そして「歴史」に疎ければ、20世紀の「西欧的価値観」に従うまま、こういったMVを作ってしまうのです。

彼らを無知だと責めるのは簡単なれど、「歴史」というものは興味ある人以外には結局は勉強の科目に過ぎないのが現実。歴史上の人物や事件は、興味ない人には私にとっての元素記号や数式と同じです。そんな中で最初から目を背けたくなるような「真実」ばかりを教えていれば、誰もが「歴史」から遠ざかってしまう。かといって「真実」を教えなければ、歴史修正主義者に都合よく操られるばかりになってしまう。「歴史」というものは非常に厄介なものなのです。ちなみにあえて歴史に括弧をつけたのは、私がこのブログやもうひとつのブログで蘊蓄披露する、戦国時代や三国志のような趣味の分野とは一線を画すものだから。

ただ、これはあちこちで言われているのですが、バンドはともかく、MVが世に出るまで、誰もストップをかけられなかったのか?ということ。別段小難しい本を読まなくても、昨今コロンブスの評価が変わっていることや、彼の銅像を破壊する運動があちこちで起こっていることは、普段ニュースに接している人は気づくはず。それに放映当時結構話題になり、地上波でも放送された映画「1492コロンブス」(1992年)を視たことある人がいれば、「あれ?これっていいのか?」と疑問に感じるはず。それがすんなり通ってしまうところは、日本を明治維新以降現在に至るまで束縛し続けている「西欧的価値観」から、未だ逃れられていない証左なのでしょう。それともメンバーである大森元貴のように、心のどこかで「まずいかも」と思いながらもズルズル……を関わった人全員が共有していたのかも。

そういえばガンダムにも「コロンブス」とか「マゼラン」とか名付けられた戦艦があるけれど……如何せん1979年のアニメだし。

 

笠松競馬「ぎふ清流カップ」の予想を簡単に。1400メートル。第10R。15:55発走。

ここでも高知の馬が攻め込んできた。リケアサブル。兵庫の重賞を連勝。「兵庫CS」は7着に終わりましたが、それでも勝った中央馬から1.7秒差。このメンバーなら勝ち負けレベル。休養明けで態勢は整っていても、ここを目標に…というわけでもなさそうなので隙があればその臨戦過程ですが、東海勢を含めた他のメンバーも、「東海優駿」で距離を敗因に挙げている馬が、大幅な距離短縮で…とか、時期的なものもあって最初からここを目指して…という馬はあまり見られない。夏が本格派する前にもうひと稼ぎしておきたい、というのが各陣営の本音では?

◎7枠9番 リケアサブル(高知・吉原)

〇2枠2番 ダイジョバナイ(兵庫・大山)

▲6枠7番 ミトノウォリアー(愛知・岡部)

△7枠8番 コールミーメイビー(愛知・今井)

△4枠4番 ワラシベチョウジャ(渡邊)

×7枠10番 バインドロック(兵庫・丸野)

 

ダイジョバナイの先行力も魅力ですが、交流重賞の「兵庫CS」では9着。7着のリケアサブルの方が道中前を進み、最後も0.7秒差をつけられている。ここは助平心を出さず堅実にリケアサブルを本命に。姫路、園田の重賞を連勝する前は地元でなかなか勝てないレースが続きましたが、3走前、4走前の相手は圧倒的強さで「高知優駿」を制したプリフロオールイン。この馬は「隠し玉」のようにまだ高知から外に出ていないのですが、外に出ているリケアサブルら、プリフロオールインより下の馬たちが、兵庫を自分のとこの庭のように好き放題やっているのだから、今の高知は恐ろしい。兵庫より更に下の東海は草刈り場同然。

ミトノウォリアーは同じ笠松1400メートルの「新緑賞」を勝利。確かに「東海優駿」より距離は短い方がよい。コールミーメイビーは1600メートルの「クイーンC」を勝利。ただ、間隔が詰まったレースが続いているので上積みは望めない。それでも現状維持ができていれば上位を期待できます。「新緑賞」でミトノウォリアーの、「クイーンC」でコールミーベイビーの、それぞれ2着だったワラシベチョウジャも展開次第では。穴馬は、当初からここを狙ってきたバインドロック。成績は目立ちませんが、ここを狙っていただけあって仕上がりの良さが目立つ。

買い目は9を軸に三連複2、4、7、8、10に流して10点。

浦和競馬「さきたま杯」(交流GⅠ)予想

忙しいのか、たいして忙しくないのにひどく疲れるのか、更新が遅れてしまいました。

6月12日の競馬の結果

川崎「関東オークス」…ハズレ

1着 6番アンデスビエント(1番人気)◎

2着 10番ミスカッレーラ(6番人気)

3着 8番グラインドアウト(8番人気)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やよいさん:…と、祝福する気は

ないんですかぁ?

カスP:ケッ!

何でハズれたレースなんぞ

祝わないといけないんだ。

けったくそ悪い。

 

東京ダービー」のシンメデージーに引き続き、また高知の馬が大健闘。まさか某競馬〇ースは、ニジイロハーピーの次走で、「のじぎく賞」で「関東オークス」3着馬に先着したからどうこう……なんて恥ずかしいコト書かないだろうな。チャンスの神様が、チャンスを掴もうと懸命に手を伸ばした者すべてに報いるわけではないけれど、手を伸ばさない限りは掴むことはできない。厳しいレースになること承知で、果敢に「グランダム・ジャパン」3歳シーズンのクライマックスに挑んだグラインドアウトの陣営を称え、ご褒美をあげたということ。レース賞金700万円と、「グランダム・ジャパン」3歳シーズン優勝ボーナス400万円の計1,100万円ゲット。ミスカッレーラ2着、プリンセスアリー5着でそれぞれ40P、10Pをゲットし、2位(200万円)、3位(100万円)となり、「関東オークス」前はグラインドアウトと並ぶトップタイだったニジイロハーピーは4位に落ちてボーナスはゼロ。「東海優駿」3着で240万円獲得したけれど、「グランダム・ジャパン」のボーナスよりも大きい、運気というものを取り損ねてしまったような気がする。

それにしても中央勢の無様なこと。

 

8着 JRA イゾラフェリーチェ(戸崎)

9着 JRA クリスマスパレード(石川)

10着 JRA メイショウヨシノ(団野)

11着(ドベ) 笠松 アンバーシュガー

 

あのさ…中央勢の後ろにいるのは笠松の馬1頭だけだよ。要は、芝のクラシックはダメだったけど、ダートの交流重賞なら地方馬相手だから……と、甘い気持ちでノコノコ行ってひどい目に遭ったということ。ここ数年、古馬交流重賞でも地方所属馬が普通に中央勢の間を割って上位に入ってくる。以前のように中央勢ボックスで買っときゃ当たるだろ、はもう佐賀と愛知くらいか。それだって、佐賀のレースに高知の馬や、愛知のレースに兵庫の馬が来ればわからなくなる。それだけ売り上げ増に伴って地方の力が充実してきたということ。それを思い知らされたレースでした。南関4場も、自分たちは格上だと思っていると、兵庫や高知に横っ面張り倒されることになる。

 

浦和の「JBC」以来…まさかまたこの画像を使う日が来ようとは。

交流GⅠ(JpnⅠ)であるにもかかわらず、平日の夕方発走というのが埼玉らしい、「さきたま杯」の予想を。1400メートル。第11R。17:45発走。

昨年覇者イグナイターは兵庫の馬。2着も船橋のスマイルウィでした(今年は参戦せず)。今年はレモンポップが参戦しますが、あとは中央勢とはいえ交流GⅠでは微妙。昨年1番人気で競走中止ながら、前走「かしわ記念」を制したシャマルが昨年の屈辱を晴らすべく出てきましたが、6歳にして本格派したのかそれとも一時の勢いに過ぎないのか?

 

<逆神の権兵衛の予想>

火曜日に途中で開催取りやめになるほどに馬場悪化、となればスピード適性が問われるか?小回りコースで先行有利ではあるが、シャマル、レモンポップ、イグナイターなど有力馬が前に行くタイプばかりで、ペース次第では後ろの穴馬にも妙味がありそうだが……

7F戦は根岸S勝ち等全戦2着内と距離OK。逃げない競馬もできる点も買える

◎6枠7番 レモンポップ(JRA・坂井)

を小回りどうか?も本命。

レモンポップ相手では分が悪いが、昨年の勝ち馬でJBCスプリント勝ち等能力的に馬券圏内は有望な

○5枠5番 イグナイター(兵庫・笹川)

が対抗。

以下、シャマルはかきつばた杯など行けないと脆く、サンライズホークは黒船賞大敗が気になるなど不安材料あるので、馬券は

ワイド5-7

の一点張りで参ります。これで外れるようなら、本当に何かに呪われてるのかもしれません……

 

<カスPの予想>

◎6枠7番 レモンポップ

〇2枠2番 シャマル(JRA・川須)

▲5枠5番 イグナイター

△8枠11番 タガノビューティー(JRA・石橋)

△6枠8番 サンライズホーク(JRAデムーロ)

×7枠10番 オメガレインボー(浦和・吉原)

 

実績が抜けているレモンポップを本命に。どういうわけか海外では惨敗続きですが、交流重賞では「南部杯」勝ちもあり、また1400~1600メートルも最も適性ある距離。浦和という癖のある小回りコースさえ苦にしなければ普通に勝ってくれるはず。

シャマルは昨年競走中止でしたが、本来浦和は得意としている。レモンポップとの兼ね合いですが、おそらくレモンポップは争ってまでハナは欲しがらないでしょう。ただ、すぐ後ろでプレッシャーをかけ続けてくる。それに堪えられるかどうか。重、不良は大の得意で、今年は馬場が悪い可能性が高く、それに乗じて単騎逃げが叶えば交流重賞連勝も。

イグナイターは初の海外遠征後も調整は表向き順調。「ドバイゴールデンシャヒーン」では笹川の斜行があったものの、フェブラリーS惨敗から5着に巻き返したのだから評価するべきか。ただ、同レースでイグナイターに先着した日本馬が一線級かと問われると微妙なところもある。近年南関の馬で頂点を極めた後一気に転落していくような馬が何頭か見られましたが、この馬は大丈夫か?

スピード勝負の展開になった場合、後ろから突っ込んできそうなのがタガノビューティー。「かしわ記念」連続2着ですが、交流重賞で勝ち星はない。浦和のコース適性や展開が向くかどうかとか、些か注文のある馬ですが、破壊力はあるだけに無下には扱えない。

サンライズホークは交流GⅢ3連勝の後、「黒船賞」で1番人気を背負いながら惨敗。途中で走るのをやめてしまったらしい。一度放牧でリフレッシュしましたが、走る気があるかどうか。

穴馬指名にオメガレインボー。昨年中央所属時にプロキオンS3着。ただその後調子が落ちて浦和に移籍しましたが、「かしわ記念」こそ10着だったものの、南関の重賞で好勝負を演じ続けています。昨年の今頃の調子が戻っていれば。笠松オグリキャップ記念」3着ですが、先着した2頭が「黒船賞」でシャマルとそれほど差がない2、3着馬だったことを考えればマイナスに捉えなくてもいいか。

 

買い目は三連単2、7→2、7→5、8、10、11で8点。

それから馬単2→5、8、11で3点。計11点。

川崎競馬「関東オークス」(3歳牝馬交流GⅡ)予想

6月5日の競馬の結果

大井競馬「東京ダービー」…カスP 三連複270円&馬単320円的中(12点)

逆神の権兵衛 三連複270円的中(10点)

1着 14番ラムジェット(1番人気)

2着 10番サトノエピック(2番人気)

3着 7番アンモシエラ(3番人気)

 

トリガミ云々は考えるだけ無駄なので、そうなったらやよいさんのお説教を受けたいと思います。―権兵衛―

やよいさん:ダラダラと

お説教なんかしませんよぉ。

言いたいことはただひとぉつ。

どおしていつもの

鉄板ワイド1点買いを

こーいうときに

やらないんですかぁ?

 

4角辺りでラムジェットは脱落したと思ったのですが、よっぽどズブい馬なのか?ただ、エンジンが掛かってからは強かった。高知のシンメデージーは4着と充分過ぎるほど西日本代表の面目躍如。賞金1,000万円を咥えて帰って行きました。

 

川崎競馬関東オークス」の予想を。2100メートル。第11R。20:10発走。

田口貫太、ついに

交流重賞初制覇の

とき来る!(?)

中央勢は4頭。

2枠2番 メイショウヨシノ

デビューから3戦、一貫してダートを使い続けているのは好感が持てるが、一番長いところで前走の1400メートル。ただ、短距離を使い続けているのは血統からで、ズブいともいえる気性的にはどちらかといえば長丁場が向いていそう。一気の700メートル延長は未知数だが、他の中央勢がガチガチやり合って消耗したところで後ろから脚を伸ばして漁夫の利…ということもなきにしもあらず。

3枠3番 イゾラフェリーチェ

4戦中3戦が芝。ただ、1戦のダートは勝っている。芝の1勝クラスを勝ち、スイートピーSであわよくば牝馬クラシックへ…と欲を出したが折り合いを欠き大敗。ダートでも芝でも1800メートルを勝っているので距離的に問題はなさそうだが、折り合いに課題があるだけに同型―アンデスビエンドやローリエフレイバーとの兼ね合いが鍵に。

6枠6番 アンデスビエント

アンデスクイーンの有終の美が同じ川崎2100メートルのエンプレス杯。完全なダート血統で、デビューから一貫してダート。1800メートル勝ちがあるので距離的に問題はなさそうだが、典型的逃げ馬で、イゾラフェリーチェにハナを奪われてしまったときにどうか?ただ、ハナに立てなければまったくダメ、という馬でもなさそう。

7枠9番 クリスマスパレード

初ダートだが母ミスエリカは南関で4勝挙げていて、血統的にダートの可能性を試してここに…といったところか。フローラSは折り合いを欠きながらも4着で、芝と同じくらいダートを走れれば、勝ち負けも充分。

というわけで、4頭とも何ともいえない馬。地方勢は、浦和「桜花賞」を勝ったプリンセスアリー、そのプリンセスアリーに大井「プリンセス賞」で先着、「東京2歳優駿牝馬」を制しているローリエフレイバー、この2頭と大きな差のないミスカッレーラ辺りにチャンスあり。高知のグラインドアウトは園田「のじぎく賞」を勝っていれば一考もあったが4着。今回は厳しいか。現在「グランダム・ジャパン」3歳シーズンはグラインドアウトと、「のじぎく賞」を制した愛知のニジイロハーピーが20Pで並んでいるのですが、ニジイロハーピーはグランダム・ジャパン制覇を放棄して「東海優駿」に行って3着。3位の馬は出走せず、4位のプリンセスアリーが余程好走しなければ、「グランダム・ジャパン」3歳シーズン覇者は果敢に「関東オークス」に乗り込んで来たグラインドアウトでしょう。代わりに東海から来たのは箸にも棒にもかからないホー〇ケアの馬。失笑もの。今の高知と愛知、笠松の差ってこういうところから来ているのでは?

 

◎6枠6番 アンデスビエント(JRA・田口)

〇2枠2番 メイショウヨシノ(JRA・団野)

▲3枠3番 イゾラフェリーチェ(JRA・戸崎)

△7枠9番 クリスマスパレード(JRA・石川)

×6枠7番 ローリエフレイバー(大井・笹川)

 

中央勢4頭は正直何が勝っても不思議ない。恐いのは、4頭中一番気性的に問題なさそうなメイショウヨシノ。南関勢では、4番人気に推されながら勝ち馬から3.9秒差と粉砕された「雲取賞」を、負け過ぎが故に度外視して、ミスカッレーラにもプリンセスアリーにも先着しているということでローリエフレイバー。ただ、南関3頭はほぼ横一線だと思います。

買い目は馬連6-2、3、7、9で4点。

三連複2、6軸に3、7、9に流して3点。計7点。